性病の一つであるヘルペスとは一体どんな病気か

性病にも色々とありますが、その一つがヘルペスです。
ヘルペスは単純ヘルペスウイルスに感染する事によって発症し、感染部位としては性器だけでは無く口に感染する事もあり、前者を性器ヘルペス、後者を口唇ヘルペスと区別する事もあります。
ウイルスには1型と2型の二種類があり、以前は口に感染するのは1型で性器に感染するのは2型というように区別をしていましたが、最近ではそのような区別には意味が無く、1型が性器に感染する例なども出てきています。
その理由として、昔と比べて性に開放的になってオーラルセックスなどで口と性器が接触する機会が増えている事も原因の一つとして考えられています。
性病として有名なヘルペスは、何もセックスだけが性病に感染する原因とは限らずに、ウイルスを保有している人が身近にいれば、食器を共有して使ったりする事でも感染する事もあり、親から子供へと感染する事もあります。
症状としては水ぶくれや腫れ、痒みなどの症状が出てきますが、しばらくすると症状は回復していきます。
しかし、ヘルペスが厄介なのは治まったからといってウイルスがいなくなる訳では無く、現在では感染すると完治する事が出来ず、免疫力が弱まった時などには再発してしまう事もあります。
再発時には初期の時よりも症状が軽くなる傾向がありますが、自分だけではなく周囲にもウイルスを感染させてしまう可能性は常に出てきます。
症状が現れていない時には感染する可能性は低く、症状が現れている時に感染を拡大させないように注意をした方が良いです。
人によって再発の頻度や症状の重さは変わりますが、もし症状がひどい場合には根本的な治療は無理でも症状を緩和する事は可能なので病院で診察してもらうのが良いです。