こどものヘルペスの症状と治療方法

ウイルスによる感染症であるヘルペスは、大人だけでなくこどもにとっても身近な存在になります。こどもがかかりやすい症状として、口の部分に水ぶくれができる、水疱瘡にかかるといったものがあります。
ヘルペスは感染したからといっても、すべてのこどもに症状が出るとは限りません。しかし、完全になくなるものではありませんので、体内に潜伏し、何かのきっかけで症状があらわれることも多いため、注意が必要です。
こどもでは乳児に対し、ヘルペスウイルスが原因による、歯肉口内炎が発生します。口の中に水疱ができたり、歯茎が赤く腫れて出血するなどの症状が出ます。39度近い熱も出ます。歯肉口内炎にかかったこどもは、病院で治療が行われます。重度の場合には入院し、点滴による治療を受けます。症状がよくなるまでには、1週間から10日程度かかります。ヘルペスによる歯肉口内炎は、1度かかれば再発はしません。しかし、唇の周囲に水疱ができる、口唇ヘルペスという病気を発症するリスクがあります。
口唇ヘルペスは、日本人の10人に1人がかかる病気であり、珍しいものではありません。こどもの頃に発症した場合には、免疫がつきますので、発症しても軽度で済みます。20代や30代といった大人が感染すると、症状が重くなる傾向があります。
この病気の治療法は割と簡単で、体力が十分にあれば、1週間から2週間程度で自然に治ってしまいます。夜更かしを避け、食事をきちんと取るなど、病気に負けない体力を保つことが大切です。重症化した場合には、抗ウイルス薬の内服薬、外用薬、もしくは点滴などで治療します。
こどもに多い水疱瘡は、全身に発疹や水疱ができます。病院で処方される、内服薬で治療が行われます。

こどもヘルペスの感染原因と予防方法

ヘルペスは大人がかかる感染症と思われがちですが、こどもにも感染することがあります。ヘルペスはウイルスに感染することによって起こる病気ですが、乳幼児期に感染してしまうことも多くあるのです。
ヘルペスに2つの種類があり、1つは単純ヘルペスウイルスで口唇や口内に症状がでるもので、もう1つは水痘、帯状疱疹ウイルスと言うウイルスによるもので、いわゆる水疱瘡です。
ウイルスはとても感染力が強く、感染は接触感染や飛沫感染で起こります。乳幼児にに感染することが多いのは、親などお世話をしてくれる人から移ることが多く、同じタオルや食器などを使ったりキスや頬ずりなどでも感染してしまうことがあります。
感染したときにはすぐに症状が出にくいため、感染したことに気がつかないと言うことも多く、1度感染してしまうと体内から簡単に排除することができないというのが特徴です。体内の神経節と言う神経が集まっているところに、潜伏し続け体の免疫力が低下してしまったときに症状が現れます。
ヘルペスの痛みは大人でもたまらないという人もいるくらいなので、子供にとっては耐えがたい痛みに感じることも多く、薬を服用してもすぐにその痛みが治まるものではありません。症状がおさまるまでには1週間から10日ほどかかることも多く、その間はなるべく痛みを和らげてあげるようにしなくてはいけません。
子どもの口の周りに水ぶくれなどができて痛がるなどヘルペスかもしれないと思われる症状があるときには、すぐに病院で診察を受けるようにしましょう。発症初期に薬を処方してもらうことができれば早く症状を抑えてあげることができます。ヘルペスの予防方法としては体の免疫力を落とさないようにすることです。
そのためには普段からバランスの良い食事、早寝早起き、適度な運動、ストレスを溜め込まないことなどが大切です。

こどもヘルペスの治療と病院の対応

こどもがかかりやすい病気のひとつに、ヘルペスがあります。ヘルペスウィルスに感染すると、突発的に39度近い高熱が出ることもあり、それと同時もしくは解熱後には口の中に痛みを伴う水疱が多数出現します。熱が引いてもこの水泡が残りやすく、1週間から場合によっては2週間近く症状緩和に時間がかかることが予想されます。この間、特に幼いこどもであれば食事や飲料がとりにくく、ひどくなると脱水症を併発しかねないので、病院では水泡症状の長引いたこどもに対して点滴を用いた治療を行うこともあります。一般的にこのヘルペスという病気は、一度かかってしまえば再発することはありませんが、口唇まわりに水泡が生じる口唇ヘルペスという病気をたびたび引き起こす原因となります。
このヘルペスは、発症時には全身のどの部位であっても感染が予測されます。つまり、菌を触った手足で別の場所に触れるとまたそこに感染してしまうので、こどもの場合には注意が必要です。手を洗浄していないまま目の粘膜に触れることで角膜に炎症を起こすこともあるほか、歯肉に水泡がある状態での指しゃぶりを行えば、爪まわりにも症状が出始めて症状が拡大してしまいます。
このヘルペスの治療には、発症早期から服用することで絶大な効果を示すお薬が開発されています。病院での対応は、ウイルスの増大を抑制するために開発された、この抗ヘルペスウイルス薬の処方が一般的であり、このお薬を毎日期間を決めてできるだけ早い時期から飲み始めることで、早期の症状改善が見込まれます。副作用として、めまい、頭痛、多少の吐き気やふらつきをともなうこともありますが、おおむね小さいこどもが服用しても心配の少ないお薬です。
■通販サイトがおすすめです
クラビットで感染症治療しよう
■ヘルペスに対して高い効果を発揮する薬です
バルトレックスなら通販がオススメ